top of page

Los Mareados

ヴィッレ・ヒルトゥラ ( バンドネオン )

Ville HILTULA, bandoneón

谷本 華子 ( ヴァイオリン )

Hanako TANIMOTO, violin

堤聡子 ( ピアノ )

Satoko TSUTSUMI, piano

後藤雅史 ( コントラバス )

Masashi GOTO, contrabass

Los Mareados BLACK Canvas.png

関西発!タンゴ四重奏『ロスマレアドス』。古典タンゴからアストル・ピアソラまで、アルゼンチンタンゴの名曲をたっぷり聴かせます。PUGLIESE, FRANCINI, PIAZZOLLA, BALCARCE, ETC.  日本を拠点に活動中。

 

From Kansai! Tango quartet "LOS MAREADOS". From traditional tango to Astor Piazzolla, they will play plenty of great Argentine tango music. PUGLIESE, FRANCINI, PIAZZOLLA, BALCARCE, ETC. Based in Japan.

Ville HILTULA

ヴィッレ・ヒルトゥラ

[ バンドネオン ]

フィンランド出身のバンドネオン奏者でありタンゴ演奏家。長年にわたり、ヨーロッパ各国を始め、アルゼンチン、アメリカ、日本、韓国、ロシアなど世界中で演奏活動を行い、広範囲かつ国際的なキャリアを築いてきた。これまでに Ville Hiltula Tango Cuarteto やLocura Tanguera などといったタンゴ楽団を立ち上げたほか、世界的に知られたタンゴ楽団、Carel Kraayenhof y su Sexteto Canyengue の一員として、2005年から2015年までの10年間演奏活動を行なった。 ソリストとして、ベルギー、アイルランド、ドイツで公演されたAstor Piazzolla’s tango opera Maria de Buenos Airesに参加した。また、ハーグ・フィルハーモニー管弦楽団やオランダ放送フィルハーモニー管弦楽団、アムステルダム・シンフォニエッタ、ラ・テンペスタ室内管弦楽団、Kristjan Järvi & his Absolute Ensembleにも参加している。これまでに、オランダではアムステルダムのコンセルトヘボウやムジークへボウやロッテルダムのデ・ドーレン、モスクワのハウス・オブ・ミュージック、ソフィアにあるブルガリア・ホール、ロンドンのバービカンセンターなど、世界中の有名なコンサート会場で演奏している。テレビ番組での演奏経験もあるほか、オランダのロイヤルファミリーやダライ・ラマに演奏する栄誉にあずかったことがある。神戸在住。現在、日本を拠点に活動中。www.villehiltula.com

Bandoneón player and tango musician from Finland. Over the years, he has built an extensive international career, performing in many European countries, Argentina, the United States, Japan, South Korea, Russia, and elsewhere. He founded several tango ensembles, including Ville Hiltula Tango Cuarteto and Locura Tanguera, and was part of the world-renowned tango ensemble Carel Kraayenhof y su Sexteto Canyengue, where he performed for 10 years from 2005 to 2015. As a soloist, he participated in Astor Piazzolla’s tango opera Maria de Buenos Aires in Belgium, Ireland, and Germany. He has also performed with the Hague Philharmonic, the Netherlands Radio Philharmonic, the Amsterdam Sinfonietta, the La Tempesta Chamber Orchestra, and Kristjan Järvi & his Absolute Ensemble. He has performed in famous concert venues around the world, including the Concertgebouw and Musikgebouw in Amsterdam, De Doelen in Rotterdam, House of Music in Moscow, Bulgaria Hall in Sofia, and the Barbican Centre in London. He has also performed on television shows and has had the honor of performing for the Dutch Royal Family and the Dalai Lama. He lives in Kobe and is currently based in Japan.

Hanako TANIMOTO

谷本 華子

[ ヴァイオリン ]

桐朋学園大学ソリストディプロマコースを経て、ロームミュージックファンデーションの奨学金を受賞し、カナダ・ブランドン大学へ留学。カナダナショナルヴァイオリンコンクール第2位、シェーン ヴァイオリンコンクール第1位、21世紀協会賞、大阪府知事賞、クリティッククラブ音楽賞等多数の受賞を重ねる。日本及びカナダ各地でリサイタルを行うと共に、ソリストとして大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪交響楽団 そして、サンクトペテルブルクシティフィルハーモニック、国立ブルガリア室内オーケストラとも共演。1999年~2007年の間、サントリー株式会社より1751年製作トマーソ・カルカッシの貸与を受ける。ピリオド楽器を用いた古楽の演奏にも意欲的に取り組み、バロックから現代まで時代の枠にとらわれない音楽活動を行っている。現在、ソロや室内楽を中心に、長岡京室内アンサンブル、いずみシンフォニエッタ大阪、東京バロックプレイヤーズ、Music Dialogueアーティストのメンバーとして活動するほか、兵庫県立西宮高校音楽科特別非常勤講師、宝塚ミュージックリサーチ顧問として後進の指導にも努める。2021年、ファーストアルバム「J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ(全6曲)」をリリース。公式ホームページ http://hanakotanimoto.com

After graduating from Toho Gakuen University Soloist Diploma Course, she received a scholarship from the ROHM Music Foundation and studied abroad at Brandon University in Canada. She has won many awards such as the 2nd place in the Canada National Violin Competition, the 1st place in the Shane Violin Competition, the 21st Century Association Award, the Governor of Osaka Prefecture Award, and the Critic Club Music Award. Along with recitals in Japan and Canada, as a soloist, Osaka Philharmonic Orchestra, Kansai Philharmonic Orchestra, Osaka Symphony Orchestra, and St. Petersburg City Philharmonic, National Bulgaria Co-starring with a chamber orchestra. From 1999 to 2007, she received a loan from Suntory Corporation for the 1751 violin of Tomasso Carcassi. She is also performing ancient music using period instruments, and is engaged in music activities that are not bound by the boundaries of the times from Baroque to the present day. Currently, mainly solo and chamber music, she is active as a member of Nagaokakyo Chamber Ensemble, Izumi Sinfonietta Osaka, Tokyo Baroque Players, and Music Dialogue Artists, as well as Hyogo Prefectural Nishinomiya High School Music Department As another part-time instructor and Takarazuka Music Research Advisor, she also strive to teach. In 2021, the first album "J.S. Bach Sonata and Partita for unaccompanied violin (6 songs in total)" was released.

Satoko TSUTSUMI

堤聡子

[ ピアノ ]

京都市立芸術大学卒業。以来、ソロ・室内楽での活動の他、作曲家とのコラボレーションをはじめ、新作の初演等にも継続的に取り組む。松方音楽賞大賞受賞。スウェーデン・リンシェピング音楽祭『MUSIK DAGAR』にてソロリサイタル。ロシア・モスクワ音楽院大ホールに於ける同音楽院主催音楽祭『Nihon-no Kokoro』にてソロ委嘱作品・平野一郎作曲「水底の星」世界初演、東京『21世紀ピアノ音楽の領域』等各地で再演。神戸新聞文化財団主催「松方ホール音楽賞大賞受賞記念リサイタル」「堤聡子リサイタル~ロマン主義の見えざる水脈を辿って~」開催。作曲家/演奏家/美術家によるユニット“音色工房”の旗揚げ公演〈モノオペラ 邪宗門〉に参加、コアメンバーとなる。F.リスト作曲ピアノ協奏曲第1番、S.ラフマニノフ作曲ピアノ協奏曲第2番、G.ガーシュウィン作曲ピアノ協奏曲ヘ調 等のソリストをつとめる。2015年、拠点を京都から神戸に移し、ワオンレコードより『花影の小径 ~堤聡子(ピアノ)×才村昌子(銅版画)の世界~』(レコード芸術誌準推薦)を発売。アンサンブルシリーズ『atelier VITIS』主催。ピアノを上野真、O.ガルドン、田隅靖子、渡辺純子の各氏に、室内楽をC.イヴァルディ氏に、チェンバロを春山操氏に師事。

Graduated from Kyoto City University of Arts. Since then, in addition to activities in solo and chamber music, she has continued to work on collaboration with composers and the premiere of new works. Received the Matsukata Music Award Grand Prize. Solo recital at the Swedish Linkeping Music Festival "MUSIK DAGAR". The world premiere of "Star under the Water" composed by Ichiro Hirano, a solo commissioned work at the music festival "Nihon-no Kokoro" sponsored by the Moscow Conservatory in Moscow, Russia, and reenacted in various places such as "The Field of 21st Century Piano Music" in Tokyo. "Matsukata Hall Music Award Commemorative Recital" and "Satoko Tsutsumi Recital - Trawing the Invisible Waters of Romanticism" sponsored by the Kobe Shimbun Cultural Foundation. Participated in the launch performance of the unit "Sound Studio" by composers/performers/artists <Mono Opera Jasomon> and became a core member. She has performed as a soloist F. Liszt Piano Concerto No. 1, Piano Concerto No. 2 composed by S.Rachmaninoff, and G.Gershwin's piano concerto. In 2015, she moved her base from Kyoto to Kobe, and released "The Path of Flower Shadow - The World of Satoko Tsutsumi (Piano) x Masako Saimura (Copper Prints)" (Recommended by Record Art Magazine) from Waon Records. Hosted by the ensemble series "atelier VITIS". Studied piano with Makoto Ueno, O.Gardon, Yasuko Tasumi, and Junko Watanabe. Studied chamber music Mr. C. I. Ivardi and the harpsichord under Mr. Misao Haruyama.

Masashi GOTO

後藤雅史

[ コントラバス ]

15歳よりコントラバスを始める。大阪音楽大学卒業。コントラバスを故 三宅康司氏に師事。文屋充徳氏の公開レッスンを受講。京都国際学生音楽フェスティバル2007、カレッジ・アンサンブル・コンサート、2009年7月アメリカ・シンシナティ音楽院で開催された第14回世界吹奏楽大会(WASBE)等に出場。2013〜14年に2度アルゼンチンへ渡り、タンゴベースをオラシオ・カバルコス氏、パトリシオ・コテーラ氏の両マエストロに師事。2015年にはピアソラの黄金期を支えたピアニスト パブロ・シーグレル氏によるアカデミーにてヌエボ・タンゴを学ぶ。現在、アンサンブル「UNITET」、KANSAI Tango Club 及び KANSAI Tango Orquesta(タンゴ愛好家によるタンゴ・オルケスタ) 各主催。タンゴアンサンブル「アストロリコ」、Nuevo Tango Saxteto、Trio Peronolose、Tango Cruzado 各メンバー。また吹奏楽、オーケストラ、JAZZ、タンゴのサポート等の傍ら、音楽教室や吹奏楽部での指導にもあたっている。http://masashigoto.com

Started playing the double bass at the age of 15. Graduated from Osaka College of Music. Studied double bass under the late Yasuji Miyake. Attended public lessons by Mitsunori Fumiya. He participated in the Kyoto International Student Music Festival 2007, the College Ensemble Concert, and the 14th World Wind Ensemble Competition (WASBE) held at the Cincinnati Conservatory in July 2009. He went to Argentina twice in 2013 and 2014 to study tango bass under maestros Horacio Cabarcos and Patricio Cotera. In 2015, he studied Nuevo Tango at the academy of Pablo Ziegler, the pianist who supported Piazzolla during his golden age. He is currently the organizer of the ensemble "UNITET", the KANSAI Tango Club, and the KANSAI Tango Orquesta (a tango orchestra for tango lovers). He is also a member of the tango ensemble "Astrorico", Nuevo Tango Sexteto, Trio Peronolose, and Tango Cruzado. In addition to supporting brass bands, orchestras, jazz, and tango, he also teaches at music schools and brass band clubs.

For bookings :  Contact

bottom of page